習志野で創業融資!相談窓口と税理士へ依頼した方がよい理由



習志野で起業する際の開業資金として、創業融資の申請を検討している方も多いでしょう。前年度の収入に不安があったり、過去に審査が通らなかった経験があったりする人の場合、創業融資について税理士などの専門家から相談やサポートが受けられると安心ですね。

ここでは、習志野で創業融資について相談できる窓口に加え、開業時の融資サポートに対応している税理士事務所についてご紹介します。


習志野の創業融資申請先はどこ?

習志野に限らず、起業時の創業融資は日本政策金融公庫で取り扱っています。


日本政策金融公庫は支店ごとに申請する区域が分かれる

日本政策金融公庫は全国に多くの支店がありますが、どこへ行ってもよいわけではなく、自分が起業する地域を担当している支店へ申請します。

習志野で事務所や店舗などを契約して開業する場合の申請先は、日本政策金融公庫の船橋支店です。


日本政策金融公庫 船橋支店

273-0005千葉県船橋市本町1-10-10(船橋商工会議所会館)

国民生活事業 (047)433-8252


創業融資をはじめて申請する場合や、日本政策金融公庫を訪問したことがない場合は、基本的な流れの確認で一度訪れてみるのもよいでしょう。


「創業支援」習志野市役所

習志野市役所では、開業を目指す方を支援するための創業支援をおこなっています。創業全般に関する相談やセミナー、交流会など、起業家を応援するさまざまな取り組みも実施されているため、こちらも初めて起業する人にはおすすめです。創業融資については、市町村の制度融資のほか、日本政策金融公庫の窓口を案内されることが多いようです。

総合相談やセミナー、交流会などの予約、スケジュールについての問合せ先は以下となります。


習志野市役所 産業振興課(047)453-7395



創業融資申請時に税理士のサポートを受けた方がよい理由

日本政策金融公庫や習志野市役所が設置している相談窓口では、一般的な融資に関する質問、相談などに対応しています。

上記無料相談だけで創業融資の申請をすることは可能ですが「どうしたら審査に通るか」「希望額の融資を受けるためにはどのような書類を作ればよいか」といったコツについて教わることは難しいかもしれません。

以下のような人は、税理士による融資サポートを受けて創業融資申請をおこなうとメリットが得やすいものです。


資金に余裕をもって経営に専念したい人

創業融資は、審査が通ればはじめて起業する人でも低金利で融資が受けられる制度です。設備投資や仕入のほか、人件費や不動産契約にかかる費用、広告費など、開業時は想定以上の費用がかかるケースはよくあります。

何とか開業にこぎつけたとしても、今度は軌道に乗るまでの運転資金も必要です。自己資金に余裕が持てるなら、銀行の融資や消費者金融に頼らず、日本政策金融公庫の創業融資は利用したいところです。

事業計画書などの書類作成が不得意で資金調達に関する経験がない場合、融資申請の準備に大幅な時間と手間がかかってしまうこともあります。経営に注力したいなら、専門家へサポートを依頼した方が安心できるでしょう。


開業までに時間がない人

創業融資の申請を自力でおこない、万一審査を通過できなかった場合、一定期間再申請ができなくなってしまいます。

開業までにあまり時間がない場合、審査に必要な書類を準備するために人を雇ったり、その他の割引や優遇制度が受けられなかったりすると、かえってコストが高くつく可能性もあります。

限られた期間内で効率よく、最大限融資を勝ち取りたいのであれば、この場合も専門家によるサポートがおすすめです。


船橋創業融資相談オフィスでは、習志野での開業や創業融資に関するサポートも対応可能です。無料相談を利用してから依頼するか決めることもできるため、まずはお気軽に相談してみましょう。

(c) 船橋創業融資相談オフィス 運営:山野淳一税理士事務所